ネット副業の時代です。
これから日本円はどんどん弱くなることが予測されています。
現に急激な円安は歯止めが効かないほどで、見て分かるように日本は国として弱くなっています。
円の価値が下がるということは、輸入に重きをおいている日本としては大きな痛手であるといえるでしょう。
そのため、仮に給料が横ばい、良くて微増した程度では生活が豊かになることはありません。

こんな時代だからこそ、本業一本に頼らずに、ネット副業をすべきなのは明白といえます。
厳格に副業を禁止している企業の気持ちも分かります。他の仕事に熱を入れるのならば、本業をしっかりとこなしてほしいというその気持は十分に分かるのですが、じゃあ給料はというと従業員が満足のいくレベルを出せていないのです。

そんなレベルでの雇用である以上、従業員が生活のために副業を勤しむのも分かってやるべきです。
もちろん、建前上は禁止しているものの十分、汲み取って副業しているのに気づいても気づかないふりをしているところもあるでしょう。本来は従業員が生活のためを理由に副業をするのを止めるのならば、その生活を保証できるような賃金でなくては筋が通らないといえるでしょう。

ネット副業は幸いなことに裾野も広がっており、簡単に参加できるようなりました。
簡単なタッチタイピングが行えれば、時給として考えても納得できるレベルで稼げることも少なくありません。
今はブログ記事を外部に委託しお金を払うような企業が増えています。
企業ではなく個人レベルでもそういった需要があるので、それを満たす仕事ができるという訳です。
これらに求められている記事のレベルはプロレベルのものもありますが、総じて一般人レベルの内容のものを求めている傾向にあります。それもそのはず、プロレベルの文章を求めているクライアントは単価を非常に高く設定しているので、すぐに見分けが付くというわけです。

稀にですが、単価が低い割に要求するレベルがプロやセミプロ級という相場が分かっていないクライアントが存在しているのは、まだこの分野の仕事が広まりつつある過渡期だからで、そのレベルを求めるのならば、単価を上げざるをえないと時期に気づくことでしょう。