情報商材で返金を求めるには?訴訟がオススメされない理由とは?

情報商材で返金を求めるには?訴訟がオススメされない理由とは?

当サイトをご覧頂いている方の中には情報商材で返金と言えば、トレジャーリサーチで何かあったの!?と心配になる方がいるかもしれませんが、今回は少し違う視点からのお話です。

この記事では情報商材での訴訟という返金手段において、副業初心者が勘違いしやすい事柄をまとめさせていただきましたので、是非とも参考にしていだたければ幸いです。

副業初心者がしがちな訴訟に対する勘違いとは?

訴訟に対してされる勘違いの中でも最も多いもの、それは「訴訟して勝てば被害額全額、若しくはそれ以上の金額が手に入る」というものです。

どれだけ訴訟に費用がかかったとしても訴訟で勝ちさえすれば大きく得をするという認識を持っている人が多くいますが、それは残念ながら誤りです。

全額が返金されるケース自体が非常に少なく、弁護士を雇う費用も考えた場合マイナスになることが殆どです。

弁護士を雇い訴訟をおこすには、多くの時間が必要になります。本来失うはずではなかった時間を浪費することになるため例え全額戻ってきたとしても、それは損をしているといえます。

返金対応していない商材に対する訴訟以外の対応策は?

訴訟があまり賢い手段ではないことは伝わったでしょうか?

返金対応していない商材において、返金を求める際にはどんな手段に出ればよいのでしょうか?

それには2つの手段があります。

まずひとつがクーリングオフです。
しかし訪問販売や電話勧誘を受けた場合に限ってはクーリングオフの対象になることもありますが、殆どのケースにおいて残念ながら商材はその対象となることはありません。

ふたつめが直接交渉です。
販売元の連絡先が分かるのであれば、直接交渉に出るのが最もよいようですが、これもまた確実に返金してもらえるわけではありません。

結局のところ詐欺商材に当たらないというのが最も実用的な対策といえるわけです。

トレジャーリサーチは簡単で安全なのか

今多くの人におすすめされているトレジャーリサーチでは返金に訴訟を起こす必要は無いと思います。
トレジャーリサーチがおすすめされるのには、いくつか理由があるのですが、端的にそれを述べるのであればトレジャーリサーチが最も簡単で安心感があるというのが私の考えです。

稼ぐに至るまでの道筋が設計されていると感じました。また返金保証もあるようです。副業初心者の方であってもリスクケアが容易にできると思います。

残念ながら世の中に出回っている副業の中には詐欺商材とされるものがあり、その多くが返金には対応してはおりません。

そのような商材においては訴訟という手段に踏み切るしかない場合もあり、大変な費用と時間を失うことだってあり得ます。

そんな思いをしないようビジネスを始める際には十分調べましょう。