トレジャーリサーチには高額なバックエンドが待っている?

トレジャーリサーチには高額なバックエンドが待っている?

情報商材の世界で、よくある詐欺の手法として高額な商品を売りつけるバックエンド商法があります。

バックエンド商法というのは、集客するための手軽な商品を用意して、それを買った人に高額な商品をオススメする方法です。

一般によくある販売方法ですが、情報商材の業界では詐欺紛いの手法として有名になっているんです。

そのバックエンド商法をトレジャーリサーチでも使っているのではないかという疑惑がかかっているんです。

今回はこのバックエンド商法についてお話したいと思います。

情報商材のバックエンド商法

情報商材でなぜバックエンド商法が詐欺の手段として有名になっているのでしょうか?

それは0円から数千円程度の集客用商材を本当に稼げる商材だと誇大広告を使って勧誘し、集客用商材を買った人達に対して高額塾の勧誘をしたり、高額なビジネスツールを購入させたりする例が非常に多かったからです。

さらに問題なのは、高額塾や高額ビジネスツールを販売する際に、「これがないと稼げない」「最初に投資したお金が無駄になる」などと言った脅しに近い勧誘をしているということです。

特に専門的な知識のない情報弱者に分類されるような方は、この脅し紛いの勧誘を信じてしまうケースがあるんです。

またこのバックエンド商法自体は、まったく違法ではありません。一般的によくある販売方法で日本では9割の会社がバックエンド商法を利用していると言われているほど、普通の販売方法なんです。

トレジャーリサーチのバックエンドとは?

情報商材というカテゴリに属するトレジャーリサーチも、このバックエンド商法での販売が悪質なのではないかと疑惑の目を向けられています。

トレジャーリサーチの集客用商品とバックエンドが何なのかから見ていきたいと思います。

まず、トレジャーリサーチの集客用の商品はLINEから送られてくるトレジャーリサーチのパンフレットです。

このパンフレットを見て貰い、その後の商品を購入してもらうか決めて貰うのがトレジャーリサーチのバックエンド商法です。

次にバックエンドについてですか、トレジャーリサーチの場合はその名の通り、トレジャーリサーチの入門書やツールをセットにしたものがバックエンド商品になります。

価格は2万円(LINE登録割引で1万円)で、そこまで高額過ぎるといった価格ではありません。

むしろマニュアルと専用ツールを合わせて2万円というのは一般的な副業の初期費用としても、本当に普通だと思います。

アフィリエイトやポイントサイトと言った初期費用無料の副業もありますが、アフィリエイトの場合は安定して稼ぐことは出来ないでしょうし、ポイントサイトの場合も一度に大きく稼ぐことは出来ません。

ある程度の成果を望むのであれば、ちゃんとした教材やツールが必要になるのは当然です。

他の詐欺商材のようにバックエンドに30万円の高額塾といった内容ではありませんし、トレジャーリサーチはバックエンド商法を使用しているものの極めて良心的な部類と言えるでしょう。